年中休まずブランコを支えているめっちゃ腕が細いおじさんがいる【西宮フォト】

ゆまっち@にしつーゆまっち@にしつー

日野町に、どんな時でもブランコを支えているおじさんを見つけました。

日野公園

縦線の傷がキレイに入って「由」に見えますが日野公園です。

この公園には5つの特徴的な遊具がありました。

ルーピング

子どもの時に一度は遊んだことがある、木製のおもちゃです。

ワイドすべり台

滑る面が広いワイドすべり台。

下は砂場になっています。

複合遊具

いろいろありすぎて、どう遊んだらいいか分からない💦

特に、この棒なんてどうすればいいんだろう❓❓

ホッピング

中に、バネのような物が入っているので上下に弾むことができます。

ここまで4つの遊具を紹介してきましたが「ブランコを支えるおじさん」とは、なんのことなんでしょうか。

ブランコを支えるおじさん

おじさん発見!

細い腕でしっかりと支えています。もし、おじさんが居なければブランコで遊ぶことはできないでしょう。

ストリートビューでみると2011年11月の時点でも確認できたので、10年以上もブランコを支えているということになります。

よく見ると海賊のようですね。

10年以上、雨風に打たれているので顔も消えかかっています。近くで見るとちょっと怖いかも😫

改修工事する際にはこんな感じに眼帯をつければ、かっこよくなるかもしれませんね。

地図ではココ↓

住所は兵庫県西宮市日野町8-8です。