阪急電鉄、阪神電車が「ICOCA」を3月1日から発売するみたい

しゃちょう@にしつーしゃちょう@にしつー

阪急電鉄、阪神電車が「ICOCA」を3月1日から発売するようです。

↓阪急電鉄のチラシ

ICOCAの販売する場所

ICOCA販売する場所を阪急と阪神では違いがあります。新しくICOCAを作る場合はにデポジット500円が必要です。

阪急電鉄

ICOCA:各駅の赤色の券売機のみ

こどもICOCA定期券発売所のみ(西宮だと西宮北口駅と夙川駅)

ICOCA定期券

新しくICOCA定期券を買う場合:各駅の赤色の券売機 と 定期券発売所

すでにICOCAをお持ちの場合:各駅の赤色の券売機 と 定期券発売所

こどもICOCA定期券

新しくICOCA定期券を買う場合定期券発売所のみ

すでにICOCAをお持ちの場合:各駅の赤色の券売機 と 定期券発売所

※赤色の券売機について天神橋六丁目・神戸高速線花隈は除く

阪神電車

ICOCA:各駅の青色の券売機のみ

こどもICOCA定期券発売所のみ(西宮だと西宮駅と甲子園駅)

ICOCA定期券

新しくICOCA定期券を買う場合:一部の駅に設置している自動定期券発売機 と 定期券発売所

こどもICOCA定期券

新しくICOCA定期券を買う場合:一部の駅に設置している自動定期券発売機 と 定期券発売所

※青色の券売機大阪難波駅、東鳴尾駅、洲先駅を除きます。

ICOCAとPiTaPaの違い

ICOCAとPiTaPaの違いはJR西日本がICOCAで関西最大の違いは支払い方法です。

ICOCA プリペイド(先払い・チャージ式)
PiTaPa ポストペイ(クレジットカード払い・オートチャージ式)

ICOCAは基本は事前に支払う

駅で購入することができます。基本的にICOCAは券売機やコンビニなどで現金でチャージする必要があります。SMART ICOCA(スマートイコカ)という上位版のようなものでは、クレジットカードを登録することで、駅構内のクイックチャージ機などで、SMART ICOCAカードだけで希望金額までチャージできます。

PiTaPaはオートチャージ

駅では買えません。PiTaPaは後払いで、基本的にクレジットカードの審査が必要となります。クレジットカードですので、毎月の支払いは銀行の引き落としとなります。改札を通るたびにオートチャージされますので、券売機に行くという概念が無くなるのは便利ですよね。

まとめ

阪急・阪神沿線住まいの方でICOCAを使っていた人は便利になりますね。

タイガースICOCAの先行発売は甲子園駅西口臨時きっぷうりばで3月1日(金)~3月3日(日)

2019年2月20日