2月16日オープン!小曽根線沿い「座右の麺」で『だし塩らーめん』を食べてきた!【にしつーグルメ】

だぁ@にしつーだぁ@にしつー

小曽根線沿いに新しくオープンした「座右の麺」に早速お邪魔してきました。

以前この場所にあった「鳥人」「麺屋桜息吹鳴尾店」のオーナーが新しく始めたラーメン店です。

「座右」というのは「身近な」という意味で、「身近ならーめん屋」を目指すという事から「座右の麺」という店名にしたそうですよ。

「座右の麺」料理

「だし塩らーめん(〆のだし茶漬けセット)」(1,000円)を注文してみました。

こちらがお店のおすすめだそうです。

ラーメンを食べ終わった後に残ったスープでお茶漬けが頂けるというセットです。

スープはとてもきれいな琥珀色の塩スープで、魚介の出汁がよく効いています(化学調味料は不使用との事です)。

また柚子の皮が入っていて、柚子の香りもアクセントになっています。

麺は中細のストレート麺で、よく見ると黒いつぶつぶが見えますが全粒粉を使用した自家製麺だそうです。

とても滑らかな舌触りで食感もよく、あっさりしたスープにとてもあう美味しい麺でした。

具は「鶏肉」「薄切りチャーシュー」「メンマ」で、珍しく「あられ」がトッピングされています。

「メンマ」はカットしていない大きなメンマ、「チャーシュー」は極薄カットのレアといった感じで具も特徴的でした。

ラーメンを食べ終わったらこちらに残ったスープをかけて、〆の「だし茶漬け」として頂きます。

こんな感じ。

魚介出汁と塩のスープなので、もちろんご飯にもベストマッチです。

海苔とわさびの風味で、ラーメンとはまた違ったスープの表情を楽しむ事ができますよ。

サイドメニューの「ぎょうざ」(350円)も頂きました。

皮がモチモチで中身がジューシーという、美味しいぎょうざの王道を行くようなぎょうざでした。

「座右の麺」メニュー

食券システムなので、食券の販売機がそのままメニュー表になります。

こちらがメニューです。

「座右の麺」店内の様子

店内にはテーブル席、カウンター席、座敷席があります。

こちらがカウンター席とテーブル席の様子。

反対側にはこちらの座敷席があります。

「座右の麺」外観

小曽根線沿いの阪神電車の少し北側にお店があります。

こちらがお店の外観です。

この看板が目印です。

「座右の麺」が求人募集してる

「座右の麺」がオープニングスタッフを募集しています。

時給1000円、10:00~15:00と16:30~23:00の2パターンがあるようです。(2020/3/16現在)

※求人募集は掲載時のものです。内容の変更や、すでに求人が終了していたら、ごめんなさい<m(__)m>

「座右の麺」店舗情報

★営業時間
11:00~14:30
17:00~22:00

★定休日 未定
★電話番号 未定
★住所 兵庫県西宮市里中町1-6-14 里中ビル 1F
★カード支払い 不可
★喫煙 不可
★駐車場 無
★関連リンク
食べログ
(※価格・メニュー内容・営業時間などは取材時のものです。最新の情報はお店に直接ご確認下さい)