今は仲良しの阪急と阪神は、むかしはライバルだった

にこ@にしつーにこ@にしつー

今は同じ企業グループの「阪急阪神ホールディングス株式会社」となっている、阪急電鉄と阪神電車がむかしはライバル同士だったことは、有名なはなしですね。

西宮には、阪急、JR、阪神が走っています。

開業時期
JR明治7年
阪神明治38年
阪急大正9年

 

当時は阪神電鉄と阪急電鉄が、大阪-神戸間をどっちが早く走るか、とか

どっちがたくさんお客さんを乗せるかを競争してたみたいです~。

阪急電車↓↓

阪神電車↓↓

そろそろ、何の話やねん!って言われそうですね。

ここからいきなり、4択問題です🔔

先に運行をはじめた阪神が「待たずに乗れる」とアピール。

後発の阪急が出した広告は次のうちどれでしょう??

阪急が出した広告は?

 

 

 

 

 

正解は、bの「綺麗で早うてガラアキ」でした~

ソース元は、書籍:西宮市の昭和(P109 交通網の整備と変遷)です。

ちょっと、高級感のイメージが強い阪急が、「早うて」とか「ガラアキ」とか関西弁丸出な感じが、意外!?と思いませんか~??当時はまだ高級路線で売ってなかった。ってことなのでしょうか~
ちなみに、早うては「はようて」と読みます。話すと「はよーて」みたいな感じ、関東方面から最近西宮に引越ししてきた方は、もしかしたら読めないかもと思い念のため。。。

阪急と阪神と言えば、他にも同じ業態で切磋琢磨してますよね。ちょっと一覧にしてみます↓↓

阪神阪急
小売業阪神百貨店阪急百貨店
ホテル業ホテル阪神新阪急ホテル・宝塚ホテル
タクシー業阪神タクシー阪急タクシー
電鉄業阪神電鉄阪急電鉄
不動産業阪神不動産阪急不動産
遊戯施設阪神パーク宝塚ファミリーランド、宝塚劇場
スポーツ施設甲子園球場西宮球場
プロ野球球団タイガースブレーブス

参考: 舞台になった西宮

今は存在しない施設も含まれていますが、阪神と阪急のおかげで、西宮がどんどん発展してきたといっても過言ではありませんね。

同じ西宮でも、阪神は庶民派路線、阪急はちょっと高級志向。とイメージが異なるのもおもしろい。

せっかく一覧にしたので、勝手にちょこっと調べてみました~

阪神百貨店と阪急百貨店の店舗数は、阪神はローカルのみの4店舗に対し、阪急は全国展開の17店舗

阪神タクシーはお迎え料金0円、阪急タクシーはお迎え料金あり

阪神電車で、西宮から大阪梅田まで特急で16、阪急電車は西宮北口から大阪梅田まで17

みなさんは阪神と阪急どっちが好きですか~??

阪急と阪神は、今後も良きライバルとして、様々なサービスを提供してくれるのではないでしょうか。