「阪急そば」の店名が「若菜そば」に変わるみたい。4月1日から

西宮北口駅などにある「阪急そば」の店名が4月1日(月)から「若菜そば」に変わるようです。

「阪急そば」を運営する株式会社阪急阪神レストランズのプレスリリースによると、2019年4月1日(月)付で、株式会社フラット・フィールド・オペレーションズの完全子会社である株式会社平野屋に事業譲渡することとなったようです。

これに伴って、「阪急そば」及び「阪急そば若菜」全15店舗は、4月より店名を「若菜そば」に変更するようです。

阪急そばとは

「阪急そば」は、1967 年 4 月、阪急電鉄十三駅ホームに、関西民鉄では初の立ち食いそば・うどん店
として開業以来、駅ナカ、駅チカで店舗を展開し、多くのお客さまにご利用いただいてまいりました。

3月6日に食べてきたばかりでした。

かき揚げ

「阪急そば若菜(西宮北口)」13店舗限定『桜さくサクかき揚げうどん』を食べてきた!【にしつーグルメ】

2019年3月6日

対象店舗

■対象店舗
◇阪急そば(12店舗)
阪急梅田駅三階店、茶屋町口店、武庫之荘店、西宮北口駅前店、石橋店、池田店、上新庄店、茨木店、長岡天神店、東向日店、西京極店、南千里店

◇阪急そば若菜(3店舗)
十三店、塚口店、西宮北口店

 

営業は続けていきますが、阪急の冠がなくなることにより、歴史の一幕閉じた感じがする方も多いのではないでしょうか。

 

この記事をかいた人:しゃちょう@にしつー