上田中町にある「上田洲先小学校」の顕彰碑【西宮フォト】

だぁ@にしつーだぁ@にしつー

西宮で最初にできた小学校は明治5年にできた浜脇小学校ですが、その翌年の明治6年にいくつかの小学校ができました。

そのうちの一つが上田新田村にできた「上田洲先小学校」です。

明治19年には鳴尾尋常小学校と併合されてなくなってしまいますが、その「上田洲先小学校」の名前が刻まれた石碑が今でも残っています。

上田中町のこちらの駐車場の奥の方に石碑が見えます。

顕彰碑とは個人の功績を称える為の石碑です。

この石碑を見ると、当時の兵庫県知事「神田孝平」が上田新田村の戸長「古結真砂五郎(こけつまさごろう)」を顕彰している石碑のようですね。