関学の外国人住宅が取り壊されてる

だぁ@にしつーだぁ@にしつー

関西学院大学の仁川側の一角には「外国人住宅」という外国人教師が住む為の建物があります。

元々は1号館〜10号館までありましたが10号館は撤去されていて、現在は1号館〜9号館の9つとなっています。

その「外国人住宅」の7号館〜9号館の3棟が取り壊されていました。

この道沿いに「外国人住宅」があります。

こんな感じの建物が建っています。

1929年に関学が上ヶ原に移転してきた時に建てられたので、もう90年以上になりますね。

現在、住宅として使われているのは3号館〜6号館ですが、使われていなかった7号館〜9号館が取り壊されています。

もうかなり古い建物ですし、関学も建築物の建て替えを進めていますので取り壊しは仕方ないと思いますが、ヴォーリズが設計した建物がまた一つ無くなるのはやっぱり寂しいですね。