初めてのPayPay(ペイペイ)。使い方を教えます

しゃちょう@にしつーしゃちょう@にしつー

今、西宮市ではPayPay(ペイペイ)のかなりお得なキャンペーンをしてます。
西宮のPayPayキャンペーンの対象店舗の探し方。今日からスタート」で記事にしてます。

「PayPayの支払い方法がむずかしそう」

「使い方わからんから、とにかく怖い」

「写真とかでサクッと教えて欲しい」

今回、PayPayの支払い方法を誰でもわかるように写真で解説します。
「アプリの入れ方??残高の入れ方もわからんよ~」って方はこちら

iPhoneアプリはこちら
Androidアプリはこちら

※PayPayは2パターンの支払い方法があります。
が、ほとんどはお店に置いてるQRコードを読む方式が多いので、まずはその方法を解説します。もう1つの方法はまたいつか

ペイペイで支払いができるか事前にチェック

2020年11月現在は西宮市ではPayPayの25%戻ってくるキャンペーンをしています。

↓のポスター貼ってるとこや

↓お店のレジの近くに

こんなQRコードがついたものが置かれてます。

今回取材にご協力いただいた「おいもや芋笑」さんはPayPay加盟店で西宮市のPayPayキャンペーン対象店です!

一度、記事にもしてます。焼き芋がめちゃくちゃ美味しいお店です。是非買ってみてくださいね。

ほかにPayPayが使えるお店↓

他にもスーパーやドラッグストアやファミレスや家電量販店などいろんなところで使えます。

このページで有名なお店でどこで使えるかわかります。

お金を支払うときに「ペイペイでお願いします」という

現金払いのときは、「現金で払いま~す」とはいいません。よね??

でも、PayPay(ペイペイ)で支払うときは違います。

会計時に

「ペイペイでお願いします」とか

「ペイペイで支払います」みたいにいいましょう。

そうするとお店人は「(あ、お客さんペイペイで支払うんやな)は〜い、ペイペイですね。」と対応していただけます。

ペイペイのアプリを開く

スマホでPayPayアプリを開きます。

スキャンを押す

画面の左の上の方の「スキャン」というところを押します。(ちなみに押すのをスマホではタップするといいます)

スキャンをタップする(押す)とカメラ画面に切り替わります。

カメラ画面でQRコード(バーコード)を映す

カメラ画面に変わったら、お店に置いているQRコード(バーコード)を映します。(いわゆる読み込む)

読み込むとすぐに画面が切り替わりますよ~。

もし切り替わらなかったら読み込んでいないので、カメラでQRコードを離したり近づけたりしてみてくださいね。

支払い金額を入力する

次の画面で支払い金額を入力します。

この金額を間違えると、お店の人もあなたも困ったことになります。

あせらず落ち着いてゆっくり入力しましょう。

もし金額が間違ったら×で消せますので安心。

「次へ」ってボタンを押して、お店の人に見せる

支払い金額を入力したら「次へ」というボタンを押します。

すると、金額がお店の人に見やすい方向に切り替わります。

スマホの画面をお店の人に見せます。

お店の人が「(間違ってないんでOKやな)は~い」という感じで了解となれば

「支払う」ってボタンを押して、ペイペイって音が鳴ったらお店の人に見せる

支払う」というボタンを押します。

そうすると「ペイペイ」って音が鳴ります。

そのときの終了画面をお店の人に見てもらって支払いが完了です。

お疲れ様でした~!

全体の流れの動画も撮ってます

PayPayの支払い方法を動画で撮影しています。

PayPayの発音が間違ってるという、解説者があってはならない痛い動画となっていますが、参考にしていただければ幸いです。

「こんな発音を間違ってる恥ずかしい人」でもPayPayを使えてるので、あなたなら絶対に楽勝です。余裕~

「おいもや芋笑」さんの詳細

おいもや芋笑
営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日(水曜祝日の場合は通常営業)
住所
兵庫県西宮市中須佐町1-7
電話番号
070-5503-3255
リンク
Facebook/食べログ

今回買った商品↓

  • 松茂美人(金時) 焼き芋 1個
  • シルクスイート 焼き芋 1個
  • べにはるか 焼き芋 1個
  • 蜜大学いも 小
  • 芋かり饅頭 2個
  • 紫芋わらび餅 1個

2400円で600円付与ですので。実質1,800円になりました!!

さいごに

「意外に手順多い」「めんどくさ」ってなるかもですが、慣れてしまえばめっちゃカンタンです。

新しいことを覚えるのはエネルギーがいりますが、買い物でサイフがいらなくなるのはめちゃくちゃ便利。あと、コロナ時代ですから現金のやり取りが減ると多少は感染予防にもなるかと。

ぜひ、これを見て「PayPayできるようになったよ~」という声が聞ければ、この上なき幸せなことです。