4月4日(木)放送の朝日放送「ビーバップハイヒール」で取り上げられたカトリック夙川教会ゆかりの作家は誰?【西宮クイズ】

しゃちょう@にしつーしゃちょう@にしつー

これがわかれば西宮通(つー)が証明される「西宮クイズ」のコーナー。
今回のクイズはこちら↓

Q .4月4日(木)放送の朝日放送「ビーバップハイヒール」で取り上げられたカトリック夙川教会ゆかりの作家は誰?

a.谷崎潤一郎
b.村上春樹
c.遠藤周作
d.野坂昭如

にしつー正答率25%


カトリック夙川教会(2019/4/10撮影 小雨)

 

 

 

 

 

 

 

 

正解はcの「遠藤周作」です。


ビーバップ!ハイヒール ABCテレビ

「ビーバップハイヒール」という番組の「関西教会ヒストリー」というの特集の導入部分でカトリック夙川教会と遠藤周作が取り上げられていました

遠藤周作といえば、日本人にとってのキリスト教の意味を問い続けた芥川賞作家。幼少期に夙川に住んでいたようで、洗礼を受けたのもこのカトリック夙川教会のようです。

カトリック夙川教会が生んだ小説家「遠藤周作」と番組で紹介

番組では、カトリック夙川教会に、いつも笑顔を絶やさない優しいメルシエ神父と、ある青年がいたという話から始まります。

メルシエ神父は足が悪かったようで、戦時中に日本軍からスパイ容疑で拷問を受け、足が悪くなったという話を青年は聞いたようです。

青年はメルシエ神父に聞きました。

「なぜ拷問を受けたのに日本人に優しくできるのか?」かと。

するとメルシエ神父はこう答えます。

「私は日本人を恨んでいません。それだけです」とだけ答えにっこりほほ笑んだようです。

「全ての人を愛する」というキリスト教の精神を引き継いだ彼は、後に小説家「遠藤周作」であると、紹介していました。

まさに、このカトリック夙川教会が「遠藤周作」を生んだという話でした。

 

ちなみに、ここにクイズで出題している他の3人は全て西宮にゆかりがあります。