2号線ぞい津門大塚町の西宮消防署の建て替え工事の完成は2022年10月末

2号線ぞい津門大塚町の西宮消防署の建て替え工事は2020年4月1日からするようです。2022年10月末の完成の予定です。

こちら↓

「あれ、この記事前にも見たような…」

という方はデジャブではありません。2か月前にも書きました。

2号線ぞい津門大塚町の西宮消防署の建て替え工事は来年5月から。完成は2022年10月末

2019年3月24日

そのときは、2021年10月末の完成予定でしたが、まるまる1年伸びて2022年10月末の完成予定となりました。

地図ではここ↓

新設される建物の配置図↓

2号前沿いの建物が、いわゆる消防署、でしょう。

その裏に訓練等ができます。

訓練所ができることで、訓練の練習量が増えそうですので、レベルの高い災害対策ができそうです。

あとは、駐車場や自転車駐輪場なども。

特筆すべきは、原付バイクの駐輪場が66台も置かれることでしょう。

まさか、署員が原付で通勤してる人が60人いるってことがないと思います。

これより憶測です↓

ということは、原付バイクはレスキュー要因の機動性を高めるための何か?でしょうか。

災害時は、特に山間部などは土砂災害が原因で消防車両が通れなくても、原付バイクなら通れる。渋滞時も関係なく進める。それを見越しているのかもしれません。

ちょっとググると、消防バイクなるものが2012年時点で全国に183台配備されています。

2019年ですので、消防バイクはもっと増えていると思いますが、とはいえ、西宮市だけで66台ですからね。絶対助けるという本気度を感じます。

さいごに

建て替え後の既存の消防署敷地はどうなるんでしょう。ちょっと気になるところですね。判明次第にすぐにお伝えしますね。

 

この記事をかいた人:しゃちょう@にしつー