御前浜公園にある「西宮砲台」は明治時代、何に利用されたことがあるでしょう【西宮クイズ】

にこ@にしつーにこ@にしつー

これがわかれば西宮通(つー)が証明される「西宮クイズ」のコーナー。

この記事はにしつーを応援するサロン「ALBOBBY」の提供でお送りします。

今回のクイズはこちら↓

Q,御前浜公園にある「西宮砲台」は何に利用されたことがあるでしょう(明治44年頃)【西宮クイズ】

a.グランピングする場所
b.盆踊り会場
c.ビアガーデン
d.プール

にしつー正答率20%

まだ答えを見ていないあなたもチャレンジ♪

御前浜公園にある「西宮砲台」は何に利用されたことがあるでしょう

この大砲、誰もが一度は見たことがあるかもしれませんね~

高さは約12m、直径約17mの大きさがあります。

西宮砲台は、国の史跡に指定されています。

正解は、c.ビアガーデンです。


ソース元は書籍:西宮の今昔p70

ビアガーデンになった西宮の砲台(明治44年頃)

この写真は香櫨園浜海水浴場で開催された古式水泳による源平合戦の模様を伝える絵葉書です。
溝艦飾の旗が飾られ、多くの人でにぎわっているが、おそらく砲台の屋上を利用してビアガーデンを開催しているのだろう。

憶測なのか?微妙なところですがww、この時代にビアガーデンを開催してるってハイカラじゃないですか~♪

拡大して見てみるとこんな感じ。ビアガーデンのところに色を付けたくなるなぁ~(^o^)

ここをビアガーデンにしちゃうアイディアがおもしろいし、それが許されたのも驚きですね。
今は立ち入り禁止になっているので、今後ビアガーデンとして利用されることはないでしょうが、想像するとかなり楽しそう😀

西宮砲台の場所はコチラ↓↓

住所は、兵庫県西宮市西波止場町1-14です

御前浜公園の「西宮砲台」【西宮フォト】

2020年2月15日