西宮北口駅の開業時の写真と今の写真をくらべてみた【西宮フォト】

にしつーどりにしつーどり

西宮北口駅の開業時と今を比べてみましたー。

この記事はにしつーを応援する歯科医院「年中無休の西宮北口歯科口腔外科 」の提供でお送りします。

開業時がこちら↓
提供:阪急電鉄

周りになんもない

西宮北口駅の開業当時。1920年だったんですね。

100年経過後

建物に取り囲まれる西宮北口駅。

ダイヤモンドクロス

ほかにも↓
提供:阪急電鉄

今はないダイヤモンドクロス(平面交差)。写真は1932年のもの。

そして今↓

ちゃんと残ってる

阪急西宮ガーデンズの隣にある「高松ひなた緑地」に線路が保存されています。

そうそう。さっきの

手前の看板が気になったので拡大

たぶん大阪貯蓄銀行 西宮支店?と書かれてます。あとニコニコ卍??見えない

大阪貯蓄銀行というのは明治23年~昭和20年にあった銀行で合併などで

日本貯蓄銀行→協和銀行→協和埼玉銀行→あさひ銀行→さいたまりそな銀行orりそな銀行

に変わってます。

カリヨン広場(時計台のとこ)

1987年に西宮北口駅が改築されました。

当時のカリヨン広場の写真↓
提供:阪急電鉄
あふれ出す昭和感

昭和な方は懐かしさのあまり5分は見続けられると思います。


緑が増えたり、座れるようになっていたり、今でも人が集まる仕様は変わらぬまま。

 

もっと西宮北口の昔の写真を見たい方は「阪急レールウェイフェスティバル 2021 オンライン神戸線100しゅうねんの西宮北口駅」へどうぞ。西宮北口だけじゃなく、梅田とか三宮とかいろんな昔の写真がありました。

そうそう。

このフェスティバルページで行先表示幕などオークションで販売されるそうです。

こんなの↓


阪急レールウェイフェスティバル 2021 オンラインより引用

ちょっと欲しいなぁと思った。西宮北口が欲しい、なかったけど

阪急レールウェイフェスティバル 2021 オンライン

動画でも詳しく話してます↓