連載再開の「逃げるは恥だが役に立つ」作者の海野つなみさんは西宮市出身

しゃちょう@にしつーしゃちょう@にしつー

1月25日発売の「KISS」3月号から連載再開となった「逃げるは恥だが役に立つ」の作者の海野つなみさんは西宮市出身です。

そして「逃げ恥」は生きづらさを発信し始めた 海野さん:朝日新聞デジタル

上記リンク先には「実は私も、生まれたのは西宮なんです」と話されています。

自身のツイッターでも実家の西宮と書かれています。

そして、公式ブログでは↓

皆様、たくさんのコメント、どうもありがとうございます!

仕事中に母からも電話があって、地元・西宮の西宮ガーデンズの本屋さんで海野つなみフェアをやってくれてたよ!とのことでした。
嬉しくなって「母です」と言っちゃった、とのことでした。私も嬉しいです。
ガーデンズの本屋さん、どうもありがとうございます! わたくし、心はいつまでも宮っ子です!

祝・発売: 海野つなみ*Information

なんと、心はいつまでも宮っ子と宣言!
西宮愛にあふれる海野つなみさんなんですね!

テレビドラマの逃げ恥、恋ダンスはブームになりましたよね。
僕の子供も必死で練習してました。

連載が再開

「逃げるは恥だが役に立つ」は先月1月25日に発売された「KISS」3月号で再開しました。

KISS公式ページ

今後も「逃げるは恥だが役に立つ」の連載が楽しみですよね。にしつーでは海野つなみさんを応援しています!