西宮に縁のある「アニメ・特撮ソング」色々

だぁ@にしつーだぁ@にしつー

西宮に縁のある有名人を独自の切り口で紹介するシリーズですが(続くかな……)、今回は西宮に縁のある「アニメ・特撮ソング」で行こうと思います。

西宮が舞台になった作品といえば「火垂るの墓」「涼宮ハルヒシリーズ」をはじめ、多くの野球作品などがありますが、今回はアニソンです。

それではどうぞ~~

美少女戦士セーラームーン(小坂明子さん)

美少女戦士セーラームーンR

(出典:東映チャンネル

25周年を迎えたおなじみのテレビ作品ですが、この作品のエンディングテーマの「タキシード・ミラージュ」や、劇場版の主題歌の「Moon Revenge」を作詞作曲したのが、西宮出身のシンガーソングライター小坂明子さんです。

小坂明子さんは他に「メイプルタウン物語」や↓

(出典:東映アニメーション

「きんぎょ注意報!」や↓

きんぎょ注意報!

(出典:東映アニメーション

他に、「ハーイあっこです」「若草物語 ナンとジョー先生」「オズの魔法使い」「ウルトラマンキッズ 母をたずねて3000万光年」等でも主題歌の作詞作曲を手掛けられていますよ。

ふしぎなメルモ(岩谷時子さん)

(出典:手塚治虫公式サイト

「メルモちゃん、メルモちゃん、メルモちゃん、が持ってる、赤いキャンディ青いキャンディ、知ってる、かい?」

少し古い作品ですが、手塚治虫の漫画が原作のアニメ「ふしぎなメルモ」の印象的なオープニングテーマの作詞を手掛けたのが作詞家・訳詞家としておなじみの岩谷時子さんです。

岩谷さんは幼少期から西宮にお住まいだったそうで、浜脇小、安井小、市西、神戸女学院のご出身との事です。

ここにはとても書ききれないほど多くの名曲を作詞されている方ですが、アニメ作品もいくつか作詞されていますよ。

これ以外にも「ミラクル少女リミットちゃん」や↓

ミラクル少女リミットちゃん

(出典:東映アニメーション

「ママは小学4年生」や↓

ポスタービジュアル

(出典:サンライズ

他に「宝島」「草原の少女ローラ」等の主題歌の作詞を手掛けられています。

超獣戦隊ライブマン(嶋大輔さん)

「超獣戦隊ライブマン」の画像検索結果

(出典:楽天TV

スーパー戦隊シリーズの「超獣戦隊ライブマン」にはレッドファルコン役で嶋大輔さんが主演されていましたが、主題歌を歌っていたのも嶋さんでした。

普通は若手が起用されるのですが、この作品は10作品目の記念という事で(当時はゴレンジャーとジャッカー電撃隊をカウントしていなかった為)、当時すでに有名だった嶋さんを主役と主題歌に起用したそうです。

ちなみにこの作品には若手の頃の西村和彦さんがイエローライオン役で主演されていた事でも有名です。

嶋さんは西宮で生まれ、幼少期を西宮で過ごされたそうです。

最近また芸能界に復帰されましたね。

三つ目がとおる(徳垣とも子さん)

(出典:手塚治虫公式サイト

手塚治虫の漫画が原作のアニメ「三つ目がとおる」のオープニングテーマ「?(はてな)のブーメラン」を歌っていたのが歌手の徳垣とも子さん(現徳垣友子さん)です。

「ふたりはプリキュア」の初代オープニングテーマ「DANZEN! ふたりはプリキュア」を聴いた時に、この曲を思い出した方も多かったのではないでしょうか(それほど作風が似ているのですが、作曲はどちらも小杉保夫さんでした)。

上記の3名の方々はアニメ以外にも幅広く活躍されていましたが、この徳垣とも子さんは発表された楽曲のほとんど全てがアニメソングという本職のアニソン歌手です。

西宮のご出身で、西宮で現在も活動している「どんぐりコール」という青少年のミュージカルグループに所属されていました。

どんぐりコールについての詳細は下記の公式サイトをご覧下さい↓

どんぐりコール公式サイト

その後アニソン歌手や「とんでけグッチョンパ」という子供向け番組の司会を経て、現在はミュージカル女優として舞台を中心にご活躍されているそうです。

「三つ目がとおる」以外にも「炎の闘球児 ドッジ弾平」のオープニングテーマ「炎のゴー・ファイト」や↓

(出典:TOKYO MX

「魔動王グランゾート」のエンディングテーマ「ホロレチュチュパレロ」や↓

ポスタービジュアル

(出典:サンライズ

他には「ジャングル大帝(新)」のエンディングテーマ「夕映えになれ」や、「有言実行三姉妹シュシュトリアン」のオープニングテーマ「思いたったが吉日!」などを歌われていましたよ。

まとめ

記事を書いていて自分でも少し驚きましたが、けっこう意外なアニソンが西宮から生まれてたんですね。

ここには書いていませんが、最近ではあいみょんさんが劇場版クレヨンしんちゃんの主題歌を手掛けられたりもしています。

これからも色んな作品が出てくる事を期待しましょう。

ちなみに小坂明子さんは今年デビュー45周年目を迎えられ、現在でも精力的に音楽活動を続けられています。

詳しい事は公式サイトがあるので、そちらをご覧下さい↓

小坂明子公式サイト