阪急西宮北口駅の「カリヨン」【西宮フォト】

だぁ@にしつーだぁ@にしつー

阪急西宮北口駅の2階コンコース中央にはいくつかの鐘が付いている大きな時計があります。

この場所は通称「カリヨン広場」と呼ばれています。

「カリヨン」とはいくつかの鐘を組み合わせて旋律を奏でられるようにした物で、ここには17個の鐘があります。

こんな感じ。

9:00 「線路は続くよどこまでも」
12:00 「すみれの花咲く頃」
15:00 「ローレライ」
18:00 「夕焼け小焼け」

と、1日4回曲が奏でられています。

このカリヨンは西宮北口駅の「ダイヤモンドクロス」が廃止され、駅の2階が出来たときに設置されました。

ガーデンズの隣の「高松ひなた緑地」にもその事が展示されています。

ここにも書かれているように、現在では「ダイヤモンドクロス」に替わる新しい駅のシンボルとして親しまれています。

このように多くの市民の皆様の憩いの場や待ち合わせスポットとして親しまれていますね。

時計の足元にはきれいなお花も植栽されています。