浜甲子園運動公園にある「奄美の森」【西宮フォト】

だぁ@にしつーだぁ@にしつー

浜甲子園運動公園の一角に「奄美の森」という場所があります。

こちら↓

蘇鉄がたくさん植樹されてます。

奄美群島には蘇鉄がたくさん自生していて、台風の多い奄美地方では防風林や土砂崩れ防止の役に立っているんだそうです。

また、何と食用にもされているそうですよ。

詳しくはこちらのサイトをご覧下さい↓

蘇鉄ノート

のんびり奄美

奄美景amamikke

鹿児島県観光サイトどんどんかごしまの旅

私たちにとっては蘇鉄と言うと観賞用ですが、奄美の人々にとっては生活に結びついている大切な植物なんですね。

では「奄美の森」の中に入ってみましょう。

そんなに広い森ではありませんが、中に入ると本当に奄美にいるような感じになりますね。

奄美市は西宮市の友好都市になっていますが、西宮市と奄美市が友好都市提携を結んだ経緯はこちらです↓

昭和30年、医療施設と医師不足に悩む奄美大島へ、当時の菊池回生病院長が有志と10余年間毎夏訪れ、住民の健康診断や衛生思想の普及に取り組み、その後42年よりライオンズクラブのスポンサーにより、西宮市内と奄美諸島の中学生の交歓行事が行われるなど、長年にわたる市民交流によって提携の機運が盛り上がり、昭和56年10月、旧名瀬市(現奄美市)において調印した。

また、名瀬市と近隣の1町1村が平成18年3月20日に合併して、新しく奄美市となったことに伴い、平成18年8月26日、新たに奄美市と友好都市提携を結び、本市において調印した。

(出典:西宮市公式サイト

友好都市提携が結ばれたのが昭和56年ですが、この「奄美の森」が「関西奄美会」から寄贈されたのはそれより以前の昭和53年と石碑に刻まれています。

友好都市提携より以前から奄美との深い交流があった事が伺えますね。

 

以下は、2020年エイプリルフール「にしつーが Nishinomiya-Tsushin」になったときの本記事の英語版のアーカイブです。

Discover the jungle at Nishinomiya!!!!!

We found the jungle at “Hamakoshien Sports Park”.

This is an image.↓

This jungle is named “Amami jungle”, a number of “Cycad” have been planted.

At “Amami City” is grows a lot of “Cycad”, we helping the people’s lives.

For more information, please look at this website.↓

Cycad note

Nonbiri Amami

Amamikke

Dondon Kagoshima Trip

Let’s enter the “Amami jungle”!!!!!

It looks like I am in “Amami”!!!!!

“Amami City” and “Nishinomiya City” are friendship cities.

You can see that “Amami City” and “Nishinomiya City” have had a deep exchange since ancient times.