阪神パークで誕生した世界初の珍獣「レオポン」のお父さんとお母さんはどれ?【西宮クイズ】

にこ@にしつーにこ@にしつー

これがわかれば西宮通(つー)が証明される「西宮クイズ」のコーナー。
今回のクイズはこちら↓

 

Q阪神パークで誕生した世界初の珍獣「レオポン」のお父さんとお母さんは?
(写真はイメージです)

a,ヒョウ と ネコ
b.ヒョウ と トラッキー
c.ヒョウ と トラ

にしつー正答率100%

まだ、答えを見ていないあなたもチャレンジ♪

「レオポン」のお父さんとお母さんは?

1959年(昭和34年)阪神パークで誕生した世界初の珍獣「レオポン」

書籍:西宮市の昭和より

遊園地や動物園、プラネタリウムやプール、アイススケートリンクなど、なんでも揃っていた阪神パーク。

わたしも子供の頃、阪神パークにはよく連れていってもらっていました~。

中でも、阪神パークを全国的に有名にしたのが、世界初の珍獣「レオポン」と言われています。

読者さんの中にも、レオポンを見に行ったと言う方も多いかもしれませんね~

 

 

 

 

正解は、cのヒョウ × ライオンでした。
お父さんがヒョウで、ライオンの画像も雄やん!と思った方スミマセン。ライオンと言えば雄の写真の方がよりライオンっぽいな~と思って、雄の画像にしてます。

レオポンは、ヒョウのお父さんとライオンのお母さんの間に誕生しました。

お父さんの名前は「甲子雄」(かねお) お母さんの名前は「園子」(そのこ)

「甲子園」から取ったんでしょうね~、お父さんの「甲子雄」はまぁまぁ良しとして、お母さんの「園子」は、甲子園の「園」なんでしょうね。なんかちょっと気の毒な気が😅

1959年には2頭のレオポンが誕生し、兄は「レオ吉」、妹は「ポン子」と名づけられたそうです。

天王寺動物園に展示されている、レオ吉の剥製

天王寺動物園に展示されている、「ポン子」の剥製

Wikipedia、TRJNより引用

 

当時、宝塚ファミリーランドと競争をしていた阪神パークにとって

「レオポン」の誕生は救世主になったようです。

体長体重
ヒョウ1.3m~1.9m30~80kg
ライオン1.4~2m120~190kg

参考:NATIONAL GEOGRAPIC動物大図鑑

ヒョウとライオンの体長と体重を比較してみると、ライオンが大きすぎませんか?
体重差が、大人と子供みたい~、もっとすごい差かもしれませんね。

阪神パークで誕生したレオポンは、一代限りで繁殖することはなかったそうです。