176号線ぞい名塩にある「木ノ元地蔵尊」に意味深な石像があった 【西宮フォト】

まま@にしつーまま@にしつー

176号線ぞい名塩にある「木ノ元地蔵尊」の境内に意味深な石像がありました…

ちょっとコワイ感じがしましたが石像の題名は「鏡」

後ろに回ってみましたが作者など詳しいことは何もわからず…..

よく見てみると、人の顔の中に骸骨があってその中に仏様のお顔がありました

境内のお掃除をされていた方に「どんな意味のあるものなんでしょう」と、お尋ねしたところ

「人の中には誰も仏がいるってことじゃないかと私は思ってますが、見る人がそれぞれに解釈すればよいのではないですか」と、

こたえて頂きました。

題名は「鏡」だし…うぅ~ん難しい(-_-;)

皆さんはどのように感じ取り、解釈しますか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

まま@にしつー

フォト・グルメ記事担当。 西宮生まれの西宮育ち、生粋のみやっこ。 西宮のシンボル甲山がある森林公園を溺愛している。にしつー(西宮つーしん)の自然担当員。