くすの木通りにレールが刺さってる【西宮フォト】

ゆまっち@にしつーゆまっち@にしつー

甲東園にある、くすの木通りにレールが刺さっていました。

地図ではココ↓↓

住所は兵庫県西宮市甲東園2-11らへんです。

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」

ちなみに、このあたりは映画で権田原美帆(谷村美月)がこの切り通しにワラビが生えているのを見つけ、小坂圭一(勝地涼)と採りたいと車内で話をする所です。実際にワラビが生えているのかは分かりません。

映画『阪急電車』~阪急電鉄 特設サイト~

実際のシーンは、映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を観て確認してください。

このレールの役割としては、自動車の侵入を防ぐための杭(車止め)です。

しかし、なぜこんな所にあるのでしょうか。

レールの再利用


甲東園踏切道↑↑

すり減って使えなくなったレールは、プラットホームの屋根や、線路際の柵などの一部として再利用されていました。現在は、建築基準法の改正やレールとしての使用に特化していたりするので、使われていないそうです。再利用した屋根なども駅の改築で少なくなってるみたいです。