「にしきたから世界へ!」西宮が舞台の映画「にしきたショパン」が4カ国の国際映画賞を受賞

にこ@にしつーにこ@にしつー

西宮が舞台となっている「にしきたショパン」が、4カ国の国際映画賞を受賞したようです~。

国際映画賞ですよ~すごいことです!!

「にしきたショパン」が受賞、ノミネートされた賞

ミラノ国際映画際
「作品賞」「脚本賞」「監督賞」「作曲賞」「編集賞」にノミネート
ミラノ国際映画祭の部門Winner発表は2021年1月22日(現地時間)です。

ベルギーのアントワープ国際映画祭
「審査員賞」受賞

コソボで開催されていた国際映画祭
「長編最優秀脚本賞」受賞

日本芸術センター第12回映像グランプリ
「脚本賞」受賞

スロバキアのコシツェという都市でのマンスリー映画祭
「主演女優賞」「長編作品賞」「撮影賞」にノミネート

世界の映画祭の事情をよく知りませんが、今後もどんどん増えそうな気がしますねっ

スロバキアのコシツェという都市でのマンスリー映画祭で三部門ノミネートされました。

ノミネートされたのは主演女優賞、長編作品賞、撮影賞です。

マンスリーで選考の後年間のグランプリが決定します。

まずは第一関門クリアです。

にしきたショパン映画化への道さんの投稿 2020年12月17日木曜日

 

「にしきたショパン」とは

にしきたショパンは、西宮発の自主制作映画で「阪神淡路大震災を語りつぐ事」と「左手のピアニストを応援する事」がコンセプトになっている映画です。

西宮が舞台となっていてるので、西宮市民がよく知る「西北周辺」「夙川公園」「県立西宮高校」などがロケ地になっているようです。

エキストラもクラウドファンディングの協力者から募集したり、市民から「記者役」を募集したりもしてました~

目標金額が500万円のクラウドファンディングでは、493万円の資金が集まっています。

ちなみに、西宮舞台の映画「にしきたショパン」の記事役を募集してるの記事で

しゃちょう@にしつーが芝居動画を撮ってたりします😀応募はしてませんが

さいごに

「にしきたショパン」は2021年に公開予定です。
わたしたちが見慣れた街、西宮が舞台となっている映画ですし、市民としてはぜったいに観たいですね~
公開日が待ち遠しいです。

今なら西宮を舞台にした映画に出られるらしい

2019年7月5日

西宮舞台の映画「にしきたショパン」の記者役を募集してる

2019年7月25日

映画「にしきたショパン」が完成間近!関係者向けの0次試写会が行われるみたい

2020年1月16日