西宮市のホームページで1月7日から寒くなるって水道管凍結の対策法を出してる

ゆまっち@にしつーゆまっち@にしつー

1月7日(木)から週末にかけて気温がグッと下がり水道管が凍結する恐れがあります。西宮市が対策法を出していたのでまとめました。

この記事はにしつーを応援する足の治療院「GenkiStyle」の提供でお送りします。

西宮市ホームページより引用

7日(木)〜11日(月)の気温

水道管はマイナス4度以下で凍結する可能性が高くなり、冷たい風にさらされたり、夜中、熱が奪われたりすると、より凍結しやすくなります。

気温天気水道凍結指数
1/7(木)7℃/4℃40
1/8(金)2℃/-3℃40
1/9(土)3℃/-4℃100
1/10(日)6℃/-1℃30
1/11(月)7℃/-1℃10

情報元 日本気象協会

水道凍結指数とは、冬場の強い冷え込みで発生する「水道の凍結」について注意を知らせる指数です。
10〜20:水道管凍結の心配は少ない
30〜50:郊外中心に、凍結の可能性あり
100:水道管の破裂にも警戒しよう!

凍結を防ぐための対策

  • 屋外でむき出しになっている水道管には、ホームセンターで販売している保温材(毛布・布などで代用可)を巻きつけて、ビニールテープなどで保温材が濡れないようにしてください。

実際にやってみた

布または毛布を用意します。

水道管が無かったので代わりに掃除機で、

ビニールテープなどで巻けばOK
※簡易的なものです。実際に行う場合は保温材が濡れないようにしてください。

  • メータボックスの中には使い古しの毛布や布切れなどを入れ、メーターのまわりに発泡スチロールなどをかぶせて保温してください。

西宮市ホームページより引用

  • 凍結防止のために、就寝前に鉛筆の芯の太さくらいの少量の水を出しておく。
  • 万が一に備え、水を汲んでおく

凍結した場合

  • 自然に溶けるのを待つ
  • タオルをかぶせて、ぬるま湯をかける。(熱湯をかけると破裂する恐れがあります)
  • 室内であれば部屋を温めたり、ドライヤーなどで凍結部分を温める。

破裂したときは

水道管が破裂したときは、止水栓を閉めて水を止めてください。
その後、上下水道局か最寄りの上下水道局指定の給水装置工事事業者に修理を申し込んでください。

問い合わせ先

上下水道局電話受付センター
TEL
0798-32-2201
0797-61-1703
078-904-2481
※いずれの電話番号もご利用いただけます。
受付時間
平日:午前8時45分~午後8時
土日祝:午前8時45分~午後5時30分

さいごに

今週末、特に気温が下がるので天気予報をこまめにチェックするなど凍結・破裂を事前に防ぐことが大切です。もちろん、自分の体調管理も忘れないようにしてくださいね。