西宮の小中学校では給食にレトルトカレーの日があるらしい

にこ@にしつーにこ@にしつー

西宮市の小中学校では、給食にレトルトカレーの日があるみたいなんです~

この記事はにしつーを応援する足の治療院「GenkiStyle」の提供でお送りします。

西宮市では今年度より、台風接近時が予測される際の給食として『備蓄食』を導入。
4月以降備蓄食の使用がなかったため、2021年1月にレトルトカレーとアルファ化米を使ったカレーライスが給食に出されました。

西宮市深津中学校HPより引用

13日は、備蓄食のカレーライスです。
学校給食で使用する食材は大量になるため、業者には事前に注文しています。しかし、台風の接近が予想される際、給食の実施を判断することは難しく、食材を無駄にしてしまう場合がありました。
そこで、今年度からレトルトのカレーとアルファ化米を備蓄して、台風が接近して警報が発表されると予測された場合、備蓄食に切り替えて、食材を無駄にしない準備をしています。
そして、台風の季節が終わった1月に蓄えていた備蓄食を給食に使用して、新しい備蓄食を、次の台風に備えます。
この機会に、災害に備えるための備蓄食について考えてみましょう

 

食品ロスを減らして災害についても考える機会になり、とっても良い取組みだな~と思いました。

「小学生のとき、好きだった給食は何?」アンケートでカレー系はとっても人気のメニューでしたし。

学校で出されるレトルトカレーの味、めちゃくちゃ興味あります。

今のところ、カレー以外の備蓄食はないそうで、次回の備蓄食は5月~10月の間に出されるそうですよ。

学校給食献立表はこちら