【西宮フォト】阪急で西宮北口駅から門戸厄神駅の右側に見える鯉のぼり

阪急電車今津線で西宮北口駅から門戸厄神駅の間を走っていると右側に見える鯉のぼりが変わっていたので撮影してきました。

やっぱり、子供は小さいですね。いっぱいいますね。

お父さん、めっちゃおっきいです!

お母さんのサイズ感が金魚っぽい

この場所は「北口町2号公園」です

地図でははここ↓

住所は西宮市北口町28−1です。

こいのぼりの歌にお母さんがいない理由

そういえば、こういのぼりって、黒のまごいはお父さん、赤のひごいはお母さん、青や緑が子供ですよね。

でも『こいのぼり』の歌ってお母さんが登場していませんよね?

屋根より高い こいのぼり
大きい まごいは お父さん
小さい ひごいは 子供たち
面白そうに 泳いでる

ちょっと調べてみました。

どうやら、明治時代から昭和30年代までのこいのぼりは、まごい(お父さん)とひごい(子供)の2色セットしか売ってなかったようです。

『こいのぼり』の歌は昭和6年ごろにできたので、お母さんがいなかっただそうです。

この記事をかいた人:しゃちょう@にしつー