廣田神社のお守りが「アマビエ」から「マンボウ」にかわってる

くらやん@にしつーくらやん@にしつー

昨年は廣田神社で、疫病封じにご利益がある「アマビエ」の護符をいただきましたが、アマビエが「マンボウ」に変わっているということで、行ってきました!

この記事はにしつーを応援する足の治療院「GenkiStyle」の提供でお送りします。

コロナ退散してくれるかもしれない「アマビエ」のお守りを廣田神社でもらってきた

2020年4月16日


GW初日でしたが、大雨さらに夕方だったこともあり、誰もいませんでした😅


マンボウの護符は「授与所」にありました!


2種類あります!


マンボウ「まん延防止等重点措置」の語呂合わせ?と思っていましたが、「アマビエ」と同じく、江戸時代に疫病除けと信じられていたとのことです。

疫病除けマンボウの図 文化遺産オンライン よりキャプチャー

↑元はこの版画ですね!


もう1種類のはオリジナルでしょうか?
ちょっとかわいい・・😊


宣言中は16時には閉扉しているようです。(この日、すでに閉扉。。)
※参拝される場合は蜜を避けて、人の少ない時に行ってくださいね!

廣田神社の場所はこちら↓

住所は、兵庫県西宮市大社町7-7です。

さいごに

現在「まん延防止等重点措置」は、より重い「緊急事態宣言」になりましたが、GWをじっと耐えて、なんとか感染者数が減っていってほしいですね。
マンボウ様!おねがいします🙏