「野外アートフェスティバルin西宮」に行ってきた!

10月19日、20日に六湛寺公園で「第28回野外アートフェスティバルin西宮」が開催されました。

野外アートフェスティバルは、アーティストと市民、学生、子どもたちが、野外の開放的な空間で、アートを身近に感じ、ふれ合い、そして互いに交流し、芸術文化を体験することを目的に、西宮市が(公財)西宮市文化振興財団、西宮芸術文化協会と共に実施している市民参加型の文化事業です。

私もイベントに行ってきましたので、その様子を少しだけご紹介したいと思います。

こちらがイベントの看板です。

今年のテーマは「スタート」だったそうです。

でっかい文字もありました。

こちらが「書と絵のパフォーマンス」の展示です。

小学生の感性って瑞々しくて素晴らしいですね。

こちらは「アートフラッグ」の展示です。

こちらは中学生と宮水ジュニア、甲東こども絵画グループの作品です。

こちらは小学生の詩の展示です。

ひとつひとつご紹介したいところですが、すごい量ですね。

中には小学生とは思えない素晴らしい詩もありましたよ。

ステージではミニコンサートも開催されていました。

もちろん音楽もアートです。

丸太切りのコーナーもありました。

これもアートでしょうか。

写真の展示もありました。

フリーマーケットも開催されていました。

こちらはその様子。

他にもいろんなブースが出ていました。

大学生のブースもたくさんありましたよ。

会場は全体的にすごい人で賑わっていました。

特に親子連れの姿が多かったように思います。

ご自身の作品が展示されているのかも知れません。

小学生や中学生の頃からアートに親しめるというのはとても貴重な体験ですね。

この記事をかいた人:だぁ@にしつー