夙川上流にあるオシャレで趣のあるレンタルスペース「集居 夙川館(つどいしゅくがわかん)」【お店みせて!】

だぁ@にしつーだぁ@にしつー

「集居 夙川館(つどいしゅくがわかん)」をご存知でしょうか?

夙川の上流の獅子ヶ口町にあるレンタルスペースで、4年ほど前に民家を改装してできたそうです。

私も夙川に住んでいながら全然知りませんでしたが、とてもオシャレで趣のある洋館だそうですよ。

今回はその「集居 夙川館(つどいしゅくがわかん)」にお邪魔して来ました。

「集居 夙川館(つどいしゅくがわかん)」外観

アクセスについては後ほどご案内しますが、阪急苦楽園口駅から夙川沿いに北に上がっていったところにあります(最寄り駅は甲陽園ですが)。

ここを左に入ったところにあります。

ちなみにこの道をさらに真っ直ぐ北に上がるとここに出ます↓

ここは「涼宮ハルヒの憂鬱」でキョンが通学していた橋ですね。

さて、先程の道を下っていくと建物が見えてきました。

着きました~

こちらが「集居 夙川館」です。

外観からして趣がありますね。

2階にはバルコニーもあります。

外階段から直接2階にも上がる事ができます。

こちらが1階の玄関です。

では中に入ってみましょう。

「集居 夙川館(つどいしゅくがわかん)」内装

1階

玄関を入るとこんな感じです。

左に行くとすぐに中庭があります。

こちらが中庭です。

すぐ横を流れる夙川に臨んでいます。

さて、館内には色んなお部屋があって、それぞれがレンタルルームとして使用できます。

そのお部屋を順にご紹介していきたいと思います。

こちらが和室。

こちらが洋室です。

コピー機やホワイトボードも使えるそうです。

元民家ですからリビングルームもあって、それもレンタル可能だそうです。

すごく大きなテレビがありますが、これも使用可能だそうですよ。

色々と使えそうなお部屋ですが、単にくつろぎに来たり、テレビをゆっくり見に来るだけでも良さそうですね。

この横にはキッチン・ダイニングルームがあります。

行った時は片付け中だったので撮影していませんが、キッチンが使用できるのでお料理教室などによく使われているそうです。

キッチンはこんな感じ↓

さて、では次に2階に行ってみましょう。

2階

階段を上がってすぐのところに共用のトイレと洗面台があります。

2階にも洋室があります。

このお部屋も色々と使えそうですね。

何やら大きなキャンバスがたくさん運び込まれている部屋が……

この部屋の謎は後ほど解明します。

ここは共用スペースです。

ここを通り抜けると2階のバルコニーに出られます。

バルコニーからは外の景色がよく見えます。

3階

この建物は実は3階建てです(外からは2階建てに見えますが)。

3階にもお部屋はありますが、現在はレンタルはしていないとの事でした。

しかし、3階を通り抜けると屋上に出る事ができます。

こちらが屋上です。

さらに屋根の上に上る事もできます(上る人はあまりいないと思いますが……)。

各部屋のレンタル料金や詳細は下記の公式サイトをご覧下さい↓

集居夙川館公式サイト

泉川博之さんのアトリエ

これで全てかと思いきや、何と地下室もあるそうです。

地下室は現在、画家の泉川博之さんがアトリエとして使っています。

泉川さんは様々な賞を受賞されているすごい方なんですよ。

泉川博之さん略歴

1943年生まれ 兵庫県姫路市出身
1966年 大阪工業大学電気工学科卒業。シャープ株式会社入社
1979年 絵画制作を本格的に始める
1989年 グループ中之島入会。本多太郎画伯に師事
1990年以降、さまざまな公募展に入選・受賞を重ね、また翌年から毎年個展を開催
2003年 定年退職 直前に悪性リンパ腫を発症、一年間の抗癌剤治療で寛解
2005年 京都造形芸術大学通信教育部芸術学部美術家洋画コース入学(2008年卒業)
2008年 毎日新聞 大阪版 シリーズ「がんを生きる」に掲載(翌年含め3回)
2009年 20回記念個展(大阪府立現代美術センター)
2010年 第1回京都造形大学芸術通信教育課程卒業生・修了生全国公募展 大賞、以降毎年出品
2012年 京都造形芸術大学 大阪クラブOBG展、以降毎年出品
ZERO展には、2006年に初出品、以降毎年出品を続ける。
大阪府教育委員会賞(2008)、会友賞(2009)、会員賞(2010)と連続して受賞し、2010年より運営委員、2011年より審査委員を務める。2018年、大賞を受賞。

泉川博之さん作品

泉川さんの作品の一部を見せて頂きました。

 

この最後の絵がご本人のお気に入りだそうで、モチーフは「阪神電車の中でカポエラをする人」だそうです。

どれも独特な作風ですね。

こちらは「ZERO展」という公募展で大賞を受賞された時にパンフレットの表紙を飾った作品です。

この上の方の作品は近くの喫茶店を、下の方の作品は何と「集居 夙川館」をモチーフにしたそうですよ。

アトリエには制作途中の作品がありました。

今回はかなり大きな作品だそうです。

これは「棚田」をモチーフにした作品で、最近は「棚田」をモチーフにした作品作りに挑戦しているそうです。

画像の作品は全て油絵でしたが、水彩画も描かれているとの事です。

泉川博之さん絵画教室

実はアトリエを地下から2階の部屋に引っ越そうとしているらしく、現在引越し作業の最中だそうです。

先程2階にキャンバスがたくさん置かれている部屋がありましたが、そこに引っ越すわけですね。

こちらの部屋↓

引越しの理由は「寒いから」だそうです。

こちらの部屋に引っ越したら「絵画教室」もはじめる予定だそうですよ。

まだ詳細は決まってないそうですが、こんなすごい人に教えてもらえるチャンスはそうそうないでしょうから、興味のある方は問い合わせてみて下さい。

泉川さんのフェイスブックアカウントがこちらです↓

泉川博之フェイスブック

「集居 夙川館(つどいしゅくがわかん)」施設情報・アクセスなど

★住所:西宮市獅子ヶ口町16-39
★ご予約・お問合せ:main@tudoi-shukugawa.jp
※電話は現在対応していません
★外部リンク:集居夙川館公式サイト

甲陽園駅から徒歩でのアクセスは以下の通りです↓

①阪急・甲陽園駅

②駅前(画像中央を直進)

③階段を上がり右折

④交差点左折

⑤夙川学院北交差点右折

⑥喫茶店を左折

⑦突当たりを右折

⑧最初の角を左折

集居・夙川館到着

(出典:集居夙川館公式サイト