東京2020オリンピックの聖火リレー、西宮市は5月25日(月)の予定、笑福亭鶴瓶さんもランナーに!

だぁ@にしつーだぁ@にしつー

いよいよ迫ってきた東京オリンピック2020ですが、その聖火リレーが西宮市にもやってきます。

今のところの予定では西宮市に聖火リレーが来るのは来年の5月25日(月)、出発地が「甲子園駅前広場」で到着地が「浜甲子園運動公園東駐車場」となっていて、どうやら甲子園の外周を走った後、浜甲子園の方に向かうというルートになりそうです。

せっかくの機会ですから、私たちも歴史の目撃者になりたいですね。

聖火リレーが来る日の一日の流れはどうなっているのでしょうか?

聖火リレーの流れ

公式サイトに紹介されている「聖火リレーに参加しよう!」というコンテンツを、西宮に当てはめてご紹介したいと思います。

まずは聖火リレーのルートをチェック!

西宮市は前述の通り、甲子園駅前広場から甲子園球場の外周を走り、甲子園筋を南下して浜甲子園運動公園東駐車場に向かうというルートです。

こちら↓

沿道で応援するのはもちろん推奨されていますので、どこで応援するか等事前に考えておきましょう。

SNSに写真を投稿して聖火リレーを盛り上げよう!

「#みんなの聖火リレー」を付けて、ツイッターやインスタグラムなどのSNSに投稿しましょう。

素敵な写真を投稿してくれた方にはオリジナルグッズが頂けるキャンペーンもあるそうですよ。

この場所ですから是非とも甲子園球場を背景に入れたいですよね~

聖火到着!…の前にもお楽しみがたくさん!

聖火ランナーが来る前にはまず伴走車が来て、応援グッズの配布やパフォーマンスが行われます。

聖火リレーが何時くらいになるかはまだ分かりませんが、できるだけ早めに行っておいた方が色々と楽しめそうですね。

その他の詳細については下記の公式サイトをご覧下さい↓

東京2020オリンピック公式サイト

誰が走るの?

兵庫県を走る聖火ランナーの一部(41名)が発表されています。

その中で西宮市に縁のある方は落語家の笑福亭鶴瓶さんと元プロテニスプレーヤーの沢松奈生子さんですが、西宮を走るのかはまだ分かりません。

最終的に兵庫県全体で180名の聖火ランナーが走る事になりますので、情報が分かり次第随時お伝えしたいと思います。

ちなみに兵庫県は公募の倍率が全国1位だったそうですよ。

オリンピックに向けて西宮も盛り上がって行きたいですね。