フキノトウが顔を出しました【西宮フォト】

まま@にしつーまま@にしつー

今年も春の便りのフキノトウが顔を出しました(^O^)/

でもなんだかいつもと違う感じ・・・

フキノトウはフキの花にあたり、中の茎がどんどん伸びて花が咲きます

花が終わる頃にフキが生え始めるのですが、今年は暖冬の影響なのかフキが同時に生えてます↓そしてふきのとうが、例年より小さい…..^^;

開くとこんな感じ↓

豆知識

フキは多年草なので毎年おなじところで春をみつけることができます(^^♪

花は雄花と雌花にわかれて咲きます←おしべ役とめしべ役が別に咲くって感じです↓↓↓

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

雌花はたんぽぽの綿毛のようになるらしい….いつも食べるだけで見届けてことがありません^^;

今年は観察しておきますねー

最近はスーパーでも「ふきのとう」が「タラの芽」なんかとならんで売られていますが、養殖されているものより自然に生えているものの方が苦味も強いみたいです。

食べると美味しいのは雌株のほうだそうですよぉ~(^_^)v

 

さいごに

場所は上甲東園ですが、それ以上はごめんなさい秘密です^_^;

西宮の北部に行けば生えていそうなところあるんじゃないかなぁ~(*^。^*)って思ってます…さがしに行こうかしら…

 

もうすぐ「つくし」も出てくるかなっ

また春の便りお知らせしますね!(^^)!