令和2年度の西宮市内の公立高校入試で競争率が1番高かったのはどこ?【西宮クイズ】

にこ@にしつーにこ@にしつー

これがわかれば西宮通(つー)が証明される「西宮クイズ」のコーナー。
今回のクイズはこちら↓

Q.令和2年度の西宮市内の公立高校で入試の競争率が一番高かったのはどこの高校でしょう?
a.市立西宮高校
b.西宮東高校
c.県立西宮高校
d.鳴尾高校
e.西宮北高校
f.西宮南高校
g.西宮甲山高校
h.西宮今津高校
 
にしつー正答率0%

去年もこのクイズをしました↓

平成31年度の西宮市内の公立高校入試で競争率が一番高かったのはどこ?【西宮クイズ】

2019年3月17日

ちなみに去年の1位は鳴尾高校です。

 

まだ、答えを見ていないあなたもチャレンジ♪

令和2年度の西宮市内の公立高校で入試の競争率が一番高かったのはどこの高校でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解はcの県立西宮高校です。

ソースは「あすか塾」のサイトです。

平成32年度の西宮市内の高校の競争率ランキング

ソース元から西宮市内の高校を競争率順でランキングにしてみました。

高校名倍率倍率(昨年)定員志願者数
県立西宮1.531.1140214
西宮東1.281.19240308
鳴尾1.241.53200247
市立西宮1.230.97240294
西宮今津1.05120162
西宮北1.010.93216219
西宮南0.950.99216205
西宮甲山0.680.92184124

定員数の少ない県立西宮高校が、昨年比+1.4倍で競争率が1番高くなりました。

また、昨年は定員割れしていた、市立西宮高校と西宮北高校が今年は定員超過となりました。

西宮南と西宮甲山は定員割れしているので、全入ってことになるんでしょうか。

今年、昨年では県立西宮高校と鳴尾高校、西宮東高校は倍率が高めですので、西宮市内での人気のある高校といってもいいでしょうね。