西宮市内でも夏かぜ「ヘルパンギーナ」が増えてきてる

西宮市内でヘルパンギーナの幼児の患者が増えてきています。

こちら↓

西宮市医師会 6月23日~6月29日の西宮市感染症発生状況からキャプチャー(2019/7/2)

ヘルパンギーナは6~7月がピーク

例年5月頃から増加し始め、6~7月にピークがみられ、8月以降減少します。

ヘルパンギーナ|感染症について|健栄製薬株式会社

西宮でも徐々に増えていました。

4月は3人程度

5月から10人以上

6月は100人以上

6月の患者数の推移

1番右の数字が6月のヘルパンギーナの患者数です。

6/2~6/8

6/9~6/15

6/16~6/22

6/23~6/29

7月に近づくにつれてドンドン増えています。

北部エリアに多い

西宮市内のヘルパンギーナ患者は北部エリアが20人です。

他に多いところで、今津・南甲子園が7人。

平木・深津と苦楽園・甲陽園で5人ずつです。

ヘルパンギーナの症状などについては手ピカジェルの健栄製薬のヘルパンギーナの記事がシンプルでわかりやすかったです。

西宮市のホームページにも夏に流行しやすい感染症が書いていました。

症状も似てますので、よく手足口病と間違われるようです。

夏なので幼児の手足口病が増えてきてる

2019年6月18日

さいごに

患者のほとんどが4歳までの乳幼児のお子さんで、38~40度の発熱があれば怪しいなと疑って病院にかかってくださいね。

この記事をかいた人:しゃちょう@にしつー