リビングで「キクラゲ」が育つキットが予想よりエグかった【プレゼント有り】

しゃちょう@にしつーしゃちょう@にしつー

自宅で「キクラゲ」が栽培できるキット「コリぷる」を試してみました。

この記事はにしつーを応援するサロン「ALBOBBY」の提供でお送りします。


以前のシイタケキットと、ほぼ同じサイズ。

リビングで「しいたけ」が育つキットが予想よりすごかった【プレゼント有り】

2021年3月5日

これが1か月でこうなる↓

みてこのエグさ!
すぐに発芽するしいたけと違い、ここまで育てるのにちょっとしたコツがいります。

でも、僕はすぼらな育て方をしてましたので、あなたも絶対できます!

西宮のきのこ専門店「Kinoko-ten」というネットショップで買えます。

届いたらこんな感じ

「キクラゲコリぷる」を注文したらこんな感じで届く↓

で、開けたところ↓

しいたけブロックは黒でしたが、めっちゃホワイトな感じ。

届いたら即栽培をスタートできます!

さっそくやっていきましょー。

栽培する方法

さっそく栽培方法を。

栽培に必要なもの

必要なものは。

  • 植木鉢の受け皿(大きめの皿でもいい)
  • 霧吹き

植木鉢の受け皿は大きい方がベスト。
小さいと霧吹きで水をかけると、水がしたたり落ちて、床がびちょびちょに濡れるからです。

栽培の条件的なもの

発芽するための条件があります。

適温は20度~28度
エアコンの効いた部屋でも、25~27度くらいだと思いますので大丈夫!

湿度的にはお風呂場がいいとか。
でもボディーソープの泡とか飛んだり、なんか香りがつくのが怖かったから僕は部屋で育てました。

1.セットする

では、栽培キットをセットしましょー。

植木鉢の受け皿に「キクラゲコリぷる」を置く。

実はこの受け皿が、小さく入らなかったんです
なので100均(キャンドゥ)で売ってた、この金属的なやつを置いてます。

こんな入れ物でもOK↓

2.袋に切り込みを入れる

キクラゲさんは袋にカッターナイフで切り込みを入れることで、
「おっしゃ、発芽するぜい!」ってなるようです。


見えにくいですが、カッターで2か所の切れ込みわかります?


これを、前、後、右、左の4面やります。

では次からは日々の作業を説明します!

毎日するのは霧吹きがメイン

毎日作業は霧吹きがメインです。

1.朝、昼、晩に毎日霧吹き


切り込みを入れたところを、びちょびちょになるまで霧吹きします。

朝、昼、晩に毎日霧吹き。


(少し発芽したときの写真)
袋の周辺も濡れるくらいに霧吹きしてました。

注意点は1つだけ。


赤い枠の空気穴から水が入らないように注意してください。

2.受け皿に水を枯らさない

キクラゲ栽培のポイント。

湿度が超重要。

なので受け皿に枯らさないように水を入れてください。


受け皿に水を入れる。
(以前のしいたけの画像ですm(__)m)

枯らさないように毎日チェック。たまに忘れてたけど。

1か月くらいで収穫できます

どんな感じに成長するか記録。

初日(5月21日)


切り目を入れただけです。

5日後(5月26日)

黒いつぶつぶ見えます?


よ~く見てみて。

10日後(5月31日)


ちょっとグロい感じに育ってきてます。

18日後(6月8日)

なんか盛り上がってきとるし↓

30日後(6月20日)

はい、収穫時期です↓


これでいける!

カッターで切って収穫しました。


オルファカッターの小さいので切ってみました。

断面図↓

これで、正しいのかは不明。
切ったところを霧吹きで毎日やれば、また生えてくるそうですが、やり方が悪かったのか生えてきてませんでした(T_T)

きのこ坊や
キクラゲ収穫はぐるんとひねって収穫して貰うと根っこから採れるのでよいです\(//∇//)\
なるほど。ぐるんとひねっと収穫するんですね。時すでに遅し(T_T)
きのこ坊や
収穫後の残りの芽は取り除いて
切目部分をガムテープで塞いで

新たに底の部分に切込み入れて貰うと
栄養が無くなるまでまた芽が出てきます♪

もう収穫して2週間くらいたってるけど、これから芽を取り除いて、ガムテで塞いで、再チャレンジしてみます!!

キクラゲ味噌汁に入れてみた

キクラゲっていろいろ調理方法があるんですが、めっちゃカンタンな味噌汁に入れました。

食べ方はこう↓


白い粉。かな。


これを30秒熱湯でゆがく。


食べやすいサイズにカット。で味噌汁にぶち込んだ。


このアマノフーズのフリーズドライの味噌汁めっちゃおいしいんで、一度試してみて。

めっちゃコリコリ感!

このコリコリが入るだけで味噌汁のうまさが倍増するんだから不思議な食材やなーと。
そうそうキクラゲに入ってるビタミンDは普通は太陽光で人間の体内で作られるんですけど、日焼け止めをよく使う夏は、キクラゲはおすすめの季節食材かと。

生キクラゲは賞味期限が10日間くらいですが、乾燥させると長期保存できるみたい。うちは凍らせました。

キクラゲのおいしいレシピもたくさん。

最速でこの記事をみた方はラッキー!

きのこ専門店「Kinoko-ten」のコリぷるを抽選3名様プレゼント!!

こちら終了しました!
ご応募ありがとうございました!!

プレゼント内容:キクラゲの「コリぷる」1つ

応募方法

にしつーのLINE登録後に

「コリぷるプレゼント希望」と

お答えいただいた方、抽選で3名様

また次回あるかもですので、応募するために事前にLINEに登録しておくといいかも
にしつーの記事をお楽しみに!

 

※既に、にしつーのLINE登録をしている方も対象。
※同一住所での複数のご応募は対象外となります。
※前回のしいたけが当選されたかは対象外となります。

万が一、ご応募に漏れた方はKinoko-tenで買ってください。

夏休みの宿題の自由研究でかつてないレベルでキクラゲ観察が増えそうな予感。

当選者の方からお写真が届きました!!
こちら↓