人気No2記事→きのうオープンしたイトーヨーカドー「...

今度は最年少23歳でヨット単独無寄港無補給世界一周を目指してる。11月に西宮浜から出港

しゃちょう@にしつーしゃちょう@にしつー

2022年6月4日に堀江謙一さんが世界最高齢(83歳)でヨット単独無寄港太平洋横断が達成されました。

そして西宮から今度は日本人最年少(23歳)でヨット単独無寄港無補給世界一周を間もなく目指します。

こちら↓

ここは西日本最大のヨットハーバー「新西宮ヨットハーバー」。

彼は木村啓嗣(きむらひろつぐ)さん23歳。

住んでるところは西宮浜です!


23歳といえば、ゆまっち@にしつーと同じ年齢ちなみにゆまっちは草野球のチームでピッチャーやってる


このヨットで約半年間かけて、単独無寄港無補給世界一周を目指すそうです。日の丸カッコいいですね~

単独無寄港無補給世界一周って何?

どこの港にも寄らず食料や燃料の補給も一切行うことなく世界一周を成し遂げるということです。風の力だけで帆走し、必要な電気は太陽光、水力で発電するなど、自然エネルギーと共に、そして地球と共に成し遂げる挑戦となります。

日本人最年少ヨット世界1周チャレンジ「Go around Re-Eart」公式サイトより

ヨットの中見せてもらった

あまりヨットを、まじまじと見たことがない方が多いのではないでしょうか。


ちょっと中を見せてもらいました。


舵です。結構大きい。


このプロペラみたいなのは水力発電だそうです。海水に浸してくるくる回して発電。それを機器の電力にするそう。あと太陽光発電もついてる。


機器類です。
無線、レーダー、衛星通信が主な機器だそうです。


さっきの機器類がいくつか写ってるのわかりますか?壊れたときのバックアップのため複数ついてるのだという。

真ん中の暗いところはキャビン(船室)で、黄緑の蛍光色のロープで縛ってるのは


いざ、というときの「救命いかだ」です。

キャビン↓

まだ、出港の準備中にお邪魔したのでバタバタしています。


寝室です。船が行き交うため、レーダーを見て、近づくまでの時間を計測、どれくらい寝れるか確認して眠るそう。
だから、眠れても1時間くらいのようです。なので、ちょこちょこ寝るみたい。さぞかしキツいんだと思ったのですが、慣れるそうです。ほんとに!?


こういう窓って憧れますよね。「ちっ。今日は荒れてやがる」とか言ってみたいです。


これは造水機といって、海水をろ過して飲料水にするための装置です。でも不味いそうです。理由はミネラル分が全部なくなるからみたい。


こちら部屋に半年分の食料(主にフリーズドライ)と栄養を補うためのサプリを積み込むそうです。ちゃんと半年分入るらしいです。

元々は海上自衛官


木村さんは大分県が出身で中学生時代は野球をやってたそうですが、高校になって「甲子園に命をかけてもなー」って感じでなんとなく入ったのがヨット部
海洋冒険家の白石さん(現在の最年少記録保持者 26歳)に憧れて、「自分も世界一周してみたいなぁ」と思ってたそうです。


高校卒業後に海上自衛隊に入って「潜水艦乗り」となります。

たまたま神戸での潜水艦修理が長引いてたそうで、その間にまとまった休みが取れて、久しぶりにヨットをやってみたら「やっぱヨットおもしれー」とヨット愛が再燃。

今回、どうしても、どうしても単独無寄港無補給世界一周チャレンジがしたくて海上自衛官を退官今に至るという感じです。

香櫨園駅ちかくの唄うイタリアンレストラン「カクチーナ」がお気に入りみたい。ピザ美味しい。


あと、今津のびっくりドンキーでレギュラー300gよく食べてるそうです。

追記

なんと、本日(9/21)からトレーニングで硫黄島に向かうそうです。

地図ではここ↓
住所は東京都小笠原村です。

遠!

公式Instagramで、現地までのレポートが見れます。

さいごに

堀江謙一さんと同じ、スタート地点もゴール地点も同じ新西宮ヨットハーバーです。日本人最年少のヨット単独無寄港無補給世界一周チャレンジ「Go around Re-Earth」の出港予定は11月です。公式Instagramでヨットからの景色などアップする予定です。にしつーでは出港の様子も記事にしたいと思ってます。読者のみなさんと一緒に見送るのもいいですね!

この活動の応援・支援は→ヨット世界一周PJ公式サイト

月間192万PV
読者数59万人


西宮市でめちゃくちゃ見られてる地域情報サイト「にしつー」です。

5,500円でお手軽にあなたのお店や会社をPRしてみませんか?


詳しくは↓をクリック


通常のにしつー広告はこちら↓