西宮市が市立中学校の体育館に冷暖房を設置する方針らしい

西宮市は、市立中学校全20校の体育館に都市ガスを使った、冷暖房設備を設置する方針を固めたそうです。

中学校での体育館の冷暖房設置は、神戸市が今年度からすすめており、西宮市は県内で2番目のようですね。

西宮市立中学校全20校

塩瀬中学校と山口中学校が地図に入りきっていませんが、全20校です。

冷暖房設備の費用について

総事業費は約6億4600万円で、設置は2020年の夏以降になる見通し。

6億4600万円ということは、1校あたり約3,230万円の計算になりますね。

ガスエアコンってどんなもの?

情報元のエネチェンジによると、

  • ガス冷房の電気使用量は、なんと1/10
  • 電気代が1/100にも軽減される!!

って、なんかすごいことが書かれてるんです!
しかし、家庭用があれば良いのですが、どうやら現在家庭用のガスエアコンの販売はされていないようです。(ザンネン)

ガスエアコンは、もともとアパートの設備として取り付けられていることがあったそうですが、市場が小さすぎて、現在では新規製造、販売はされていないそうです。

その一方で、学校や病院、ビルなどの大きな施設では導入しているところがあるようですね。

有名な施設では、東京ドームや上野動物園、早稲田大学でもガスエアコンを導入しているみたいですよ。

ガスエアコンについて詳しく知りたい方は、こちら

さいごに

ここ数年の夏場の記録的な暑さを考えると、空調設備を設置するのは当然のことかもしれませんね。
生徒の熱中症を防いだり、災害時の避難場所になる可能性もあるので、全20校の設置は地域住民にとってもうれしいニュースです。

この記事をかいた人:にこ@にしつー