苦楽園口駅前、「ながたに家 苦楽園店」に行ってきた!【居酒屋3,000円飲み】

だぁ@にしつーだぁ@にしつー

苦楽園エリアでスタンプラリーをやってるみたい

2020年2月22日

「苦楽園パスポート」のスタンプ集めもいよいよ大詰めです。

今回は八つ目のスタンプを求めて「ながたに家」さんに行ってきました。

阪急苦楽園口駅前にある、朝引き丹波地鶏のお店です。

本店は尼崎にありますが、こちらの苦楽園店も大人気のお店ですよ。

チャレンジ開始!

まずは「突き出し」(330円)です。

右は「くらげときゅうりの和え物」ですが、左はただの「おろしポン酢」です。

そのままおつまみとしても頂けますし、料理と一緒に頂く事も出来ますよ。

今回もビールで行きます。

「生ビール(中)」(430円)です。

アサヒスーパードライです。

さて、せっかくなので地鶏の焼鳥を頂こうと思います。

「地鶏焼物・創作串8本セット」(1,100円)を注文しました。

焼けた串から順に提供されてくるスタイルです。

まずはこちらの「砂ズリ」と「心ぞう」からスタート。

紀州備長炭で焼いているそうで焼き加減も抜群、塩加減もちょうど良く、地鶏の旨味が引き出されています。

続いて「なんこつ」と「ねっく」です。

なんこつは間に脂(どこの部位かは分からなかったのですが…)が挟んであって、脂の甘みがプラスされています。

それぞれの串にちょっとした工夫や仕事がしてありますね。

2杯目に突入です。

続いては「ねぎ身」と「つくね」です。

こちらの2本はタレ焼きになっています。

味の変化もあって飽きさせない構成はさすがです。

個人的には8本の中でもつくねがとても美味しかったと思います。

こちらがラスト2本。

「かわ」と「手羽先」です。

こちらは再び塩焼きです。

卓上に山椒や唐辛子が置いてありますし、突き出しで出てきたおろしポン酢もありますので、自分好みに味付けを工夫しながら食べる事が出来ます。

ちなみに私はこちらの「かわ」はおろしポン酢と共に頂きました。

さて、もう少し行けると思うのですが、もう一杯ビールを頂くか、〆の料理を頂くか……

けっこう迷いましたが、結局〆の料理を頂く事にしました。

「とり丼」(500円)です。

「とり丼」の具は「ねぎ身」「つくね」「ねぎ身・つくね」の3種類から選べるのですが、今回は「ねぎ身・つくね」にしました。

せっかくなら両方食べたいですしね。

おそらく一度串焼きにしてから丼に乗せているんだと思いますが、地鶏の旨味とタレ、ご飯の相性が抜群で、とても美味しい〆の丼でした。

さて、お会計はどうなったでしょうか?

では発表します!

今回のお会計は!!

3,060円!!!

でした!

ありゃ、久し振りにオーバーしてしまいました……

ちなみに本当は3,069円のようなのですが、こちらのお店は端数を切り捨ててくれるみたいです。

そういうちょっとしたサービス精神も嬉しいですね。

今回注文したのは、突き出し、生ビール(中)×2、地鶏焼物・創作串8本セット、とり丼(ねぎ身・つくね)

でした~

そして八つ目のスタンプも無事ゲットしました!

あと少しですね。

「ながたに家 苦楽園店」メニュー

こちらが店外に掲示されていたメニューの一部です。

串や焼物、お酒の種類がとても豊富なので、詳しくはお店で確認してみて下さい。

「ながたに家 苦楽園店」店内の様子

店内にはカウンター席とテーブル席があります。

こちらがカウンター席。

こちらがテーブル席です。

「ながたに家 苦楽園店」外観

阪急苦楽園口駅のすぐ目の前にあります。

こちらがお店の外観です。

「ながたに家 苦楽園店」店舗情報

★営業時間 17:00~1:00
★定休日 木曜日
★電話番号 0798-77-0514
★住所 兵庫県西宮市南越木岩町9-5 パルレ苦楽園 1F
★カード支払い 可
★関連リンク
食べログ
(※価格・メニュー内容・営業時間などは取材時のものです。最新の情報はお店に直接ご確認下さい)