西宮神社の狛犬にはツノがある 【西宮フォト】

まま@にしつーまま@にしつー

西宮神社にお参りに行くと本殿の前に立派な狛犬(こまいぬ)が左右にいます

向かって右の狛犬さん

口を開けていますねっ今にも走り出しそうな後ろの馬も気になるところです・・・

向かって左の狛犬さん

なんか勇ましい感じこちらの後ろにもお馬さん(^ ^)

なっ!なんと!

こちらの狛犬さんにはツノがあるじゃないですか!

しかもにらめっこしたら負けそうな感じが素敵(^O^)/

狛犬さんたちは元は室内に飾られていたので木製でしたが、屋外に出るようになり石に変わりました

西宮神社のツノがあって立派な尻尾がある今の狛犬さんたちは青銅でできているそうです!

狛犬さんたちの元々の起源は、仏像の前に二頭の獅子(ライオン)が置かれたことにあるようですよー

左が狛犬、右は獅子両方架空の生物ですが狛犬には元々ツノがあったようです(^ ^)

 

狛犬について深く知りたい方は京都国立博物館のホームページ奈良県歴史文化資源データベース

にアクセスしてみてくださいね(^ ^)

 

今、西宮にある神社の狛犬さんを観察中です(^O^)/

西宮で1番古い鳥居がある『上ヶ原八幡神社』に行ってきたに登場する狛犬さんにはちょっとだけツノがありました!

西宮で変わった狛犬さんん発見情報があれば教えてくださーい

提供いただける情報・ご意見・ご要望の内容をご入力ください。