おすすめ記事→足の爪が変な毎日走ってるアスリートが...

武庫女で栽培した「鳴尾いちご」の1日限定かき氷イベント、いちご摘むところから見てきた【にしつーレポ】

あおっち@にしつーあおっち@にしつー

武庫川女子大学で栽培した「鳴尾いちご」1日限定かき氷が食べられるイベントが、5月17日(火)に開催されていましたので、現地でいちごを収穫するところから見てきました。

本日作られるのは、「鳴尾いちご」を使ったいちごミルフィーユ氷(税込1,320円)スイーツ氷の追っかけ、通称「ごーらー」さん(スイーツごおらーってことかな?)さんに人気沸騰中の「ともちゃんスイーツ氷」さんとのコラボ商品です。

さて、どんなかき氷になるのかな〜。

事前にもらった情報によると、いちごが栽培されているのはなんとここ↓

武庫川女子大学 学校教育館の屋上です。このおしゃれな建物に本当に植えられてるの〜??


ありました〜!りっぱないちご畑です。その数約560株


たわわにできてる〜😆!武庫川女子大学教育学部の酒井研究室のみなさんがここで一生懸命育てています。これから収穫していきまーす!


ここに収穫したいちごを入れていくようです。どれくらいうまるかな


ゼミ生の皆さんが一つずつ収穫していきます。


笑顔が輝いてる〜!いちごに負けないフレッシュさ✨我が子のように大切に愛情かけて育てたいちご🍓と語っておられました〜😊


ちなみに、ゼミ生の皆さんが着ているこのポロシャツ。自分たちでデザインしたオリジナルだそうです。ここにもいちごへ愛が溢れていますね〜💛


こちらでは収穫したいちごの選別中。先生から「自分が食べたいと思えるいちご選んでよ〜!大きいやつね〜!」との声が・・・さて、収穫量やいかに!?


こんなに獲れました〜!すごい量!!120粒ほどの収穫になったそうです〜!ざるに入っているものが、かき氷に使う選び抜かれたいちご🍓です。


かき氷の調理のため、カフェにいちごを運びます🚶‍♂️


到着〜!本日のイベント会場は、鳴尾・武庫川女子大駅前のLavy’s cafe(ラビーズカフェ)。「いちごミルフィーユ氷」限定30個の販売です。


ゼミ生の皆さんがいちごカットのお手伝いです。このあとこのいちごを、ともちゃんのスイーツ氷Misuzuさんが引き継いで、かき氷に仕立ててくださいます🍧🍓

できあがったいちごミルフィーユ氷」はこちら!

すごい・・・としか言いようのない芸術的な逸品😂これはもはや、かき氷ではない。いや、そういえば”スイーツ氷”って書いてる〜(この記事ではずっと“かき氷”だけど🙄 何が違うの〜?もう全部違うの〜!?

このスイーツ氷がどんなすごいものかはこちらの記事でご覧ください↓

武庫女で栽培した「鳴尾いちご」のかき氷が食べられるみたい。5月17日

2022年5月13日

ゼミ生の皆さんが、試食しまーす!試食用は販売するものより小さいミニ版だそうですが、それでも十分な大きさ〜(顔の半分以上あります〜)


「いちごが甘い!」「美味しい〜!」と弾ける笑顔。手塩にかけて育てた鳴尾いちごが、この地域の方に食べていただける美味しいスイーツに生まれ変わったら、感無量ですね〜😍今回の限定30個のスイーツ氷は、予約でほとんど売り切れるほどだったそうです〜!

さいごに

武庫川女子大学 酒井ゼミの皆さんは、鳴尾いちごを通して地域の活性化に取り組んでおられます。ゼミ代表の学生さんは、「地域の方々や子どもたちに鳴尾いちごを知って好きになってもらいたい。鳴尾いちごを通してつながっていけたらうれしい。」と話されていました。素晴らしいです〜😂鳴尾いちごを通じて西宮がどんどん元気になりますように〜!

鳴尾のおすすめ→楽器 ができるようになったらめっちゃカ...