あの注目の西宮北口ラノベ「ニシキタ幸福堂」に、にしつーでてる。あと西宮の実在店舗も多数

しゃちょう@にしつーしゃちょう@にしつー

読んだら西宮のサンドイッチ店に120%行きたくなる。
西宮北口が舞台の「ニシキタ幸福堂」というライトノベルに「西宮つーしん」が登場しています。(ニシキタ幸福堂は少し前にも記事にしてます)

この記事はにしつーを応援する足の治療院「GenkiStyle」の提供でお送りします。

こちら↓

『西つー』でてる

『西つー』って『西宮つーしん』?)って書かれてます!

にしつーがついに小説デビューを果たしました!読者のみなさん!ありがとうございます!

めっちゃ西宮のお店出てるし

西宮北口が舞台の「ニシキタ幸福堂」とは主人公が営むサンドイッチ店なのですが、西宮に実在するお店も登場しているんです。

しかも、にしつーグルメで食べたメニューが出てました。

1つだけ紹介!こちら↓
『名次珈琲店』のシンプル卵サンドとサラダです。

小説の主人公がこのサンドを食べた感想がスゴい
たぶん読んだ瞬間にあなたの記憶が一瞬消えて、気づいたら名次珈琲店の座席に座ってしまってるくらい。

上のサンドイッチ画像5秒間見つめて、下の抜粋文章を読んで見てください。

サニーレタス、きゅうり、ニンジン、大根、ミニトマトといった定番の野菜だけじゃない。三度豆、きぬさや、ヤングコー<中略>く、もうフォークが止まらない。
<中略>
手に持ち、まず食パンのふわふわ触感に驚く。柔らかく、まるで肌に吸い付くようなしっとり感。触れただけで、食感の良さが想像できてしまう。
<中略>
食パンは思ったとおりかなりしっとりとしてふわふわ、ほのかに甘い。茹で玉子のペーストは、その甘みをしっかりと引き立てる塩加減。マヨネーズの量も多過ぎず、少な過ぎず。玉子の潰し加減もちょうどよく、口当たりは本当になめらか<中略>あとを追うようにバターの風味がふわりと広がり、最後にブラックペッパーが口の中をサッと引き締めてくれる。たしかに、シンプルだ。
<中略>
その名のとおりシンプルな玉子サンドとしか思えない。でも──美味しい。今まで食べてきた玉子サンドよりも、圧倒的に

名次珈琲店であと、プリ◯も絶品だと書いてました。他も絶品メニューが。残りは「ニシキタ幸福堂」で読んでー。あとがきもいいよー。

苦楽園口ちかく むくの木ビル2階『名次珈琲店』でシンプル卵サンドとサラダ食べてきた【にしつーグルメ】

2020年2月20日

このように「ニシキタ幸福堂」は西宮の実在の店舗がいくつか登場します。

名次珈琲店の他に西宮の店舗は5店舗。夙川の有名店、広田、甲子園口、甲子園9番町、苦楽園口のお店が登場してました。たぶん漏れないはず

ちなみに全店、にしつーでグルメや開店で記事にしています。美味しいパン屋さんの多い西宮ですからねー。

あと、宝塚の超有名店も出てました。

本作品は架空の西宮のサンドイッチ店のお話。でも、読むとほっこり。途中泣くかも。自分は半泣きになった。そんないい作品でした。
ああ〜〜〜サンドイッチ食べたい〜〜;;今コンビニしかやってない。それでも全然いい!!(現在、深夜)

西宮住みの人は読んで損はないないかと。

こちら↓

Amazonでも買えます。お近くの書店でも!