市内の小中学校などのタブレットにミラーリングできるシステムを入れたらしい。しかも古野電気

ひーちゃん@にしつーひーちゃん@にしつー

市内の小中学校などのタブレットにミラーリングできるシステムを入れたらしいです。

この記事はにしつーを応援するサロン「ALBOBBY」の提供でお送りします。

ミラーリングとは

さかのぼること2月。西宮市の小中学校では、1人1台タブレットが配られました。
そのときの記事はこちら↓

2月に市内の小中学校の子どもにタブレットが配られるみたい

2021年2月2日

今回導入されたミーラーリングができるシステムというのが、動画伝送アクセスポイント ACERA(アセラ) 1150w

え〜なにそれ?激ムズやん〜と思ったそこのあなた!

実は、とっても簡単。
同じ画面をみんなのタブレットに映し出すことができるというシステムです。(=ミラーリング)


フルノシステムズより引用

このシステムを使えば、何ができるかというと、各生徒のタブレットに全校朝礼テレビ中継みたいに映し出されるので、密を避けられるということです。


PRTIMESより引用

今流行りのライブ配信ですね。

学校でのライブ配信の様子↓

PRTIMESより引用

入学式や卒業式などのシーンにも役立ちます。実際に、西宮市立総合教育センター付属西宮浜義務教育学校の卒業式で使用されたみたいです。

ちなみに

この動画伝送アクセスポイント ACERA(アセラ) 1150wの何がすごいって、西宮市芦原町に本社がある古野電気フルノシステムズが作ったのです〜

5月11日(火)関西テレビ放送の『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介された西宮の古野電気は世界で初めて何を実用化した企業でしょう?【西宮クイズ】

2021年5月17日

【世界の古野電気】とあるマンションに〇〇を導入してた

2019年8月17日

さいごに

今年に入って、急激に教育現場のデジタル化が進んでいますね。それにしても、西宮の企業が作ったシステムを市内の小中学校で使用するなんてすごい。システムの地産地消や〜。今後もどんなシステムが導入されるか楽しみですね。