大手前大学の学生が夙川周辺の街あるきマップ作ってる

ひーちゃん@にしつーひーちゃん@にしつー

大手前大学の学生が夙川周辺の街あるきマップ制作したそうです。

この記事はにしつーを応援するサロン「ALBOBBY」の提供でお送りします。


大手前大学の現代社会学部・観光ビジネス専攻の渡邉ゼミ、海老ゼミの学生が主体となり、西宮市の夙川・苦楽園・香櫨園エリアの「街あるきマップ」を作ったみたい。イラストかわいい〜

大手前大学の学生、総勢50人で半年間かけて制作

にしつーでも取材している「TAOCA COFFEE 苦楽園店」や「大正庵」「ミッシェルバッハ」などが紹介されています。

新型コロナウイルスの影響で広範囲での学外研修が難しくなったため、大学から徒歩圏内で少人数で調査できるマップの作成に変更。総勢50全員で取り組み、2020年10月〜2021年4月の半年間かけて制作したそうです。

アポ取りから撮影まで学生が行ったみたい

こっちのページでは「クッキーショップ アンジー」や「サクラテーブルEncore un matin(オンコー アン マタン)」などが紹介されています。

学生が調査対象の選定を自ら行い、店舗にアポイントを取り直接出向いて取材→原稿作成&写真撮影→校正についても再度直接店舗を訪れ確認してもらうなど、丁寧な取材を心掛けたそう。(え、にしつーよりすごいやん)

さいごに

完成後は新入生に配布されたそうで〜す。一般配布はしていないので、現物が見れないのが残念〜。周りの環境がわからない入学直後にこんなおしゃれな街あるきマップをもらったらめっちゃうれしいですね〜。「キャンパスのある夙川周辺にはおしゃれなお店が多いと再認識できた」との声もあったそう。うれしいですね〜。今後は地域の方にも配布していきたいとのことなので、楽しみにしています〜。素敵な取り組みですよね〜♡今度にしつーとコラボなんていかがですか?^^